ハクビシン駆除で小さな害獣を民家から追い出す方法?業者が強い味方

笑顔の男性

人体への影響

住宅

ハクビシンは多くの農家を悩ませている害獣の一種です。ハクビシンは農家にある農作物を狙いに山から降りてきて、いつでもエサを口にできるよう人の民家に住み着くこともあるでしょう。夜行性の動物なので暗がりを好む為、屋根裏を狙うことが多いと言われています。屋根裏ではハクビシンの糞尿が撒き散らされ、体に付着しているノミやダニが生息し、それらによる病原菌やカビが民家全体に襲いかかることも充分に考えられます。屋根裏から染みこんできた糞尿による水分によって生じた湿気が、住人が生活するスペースにまで徐々に及んでくるのです。幼い赤ちゃんやアレルギー体質の人にはすぐに健康被害が現れてきます。駆除されずに放置されたハクビシンは、その体に数千から数万のダニやノミを背負っていると言われています。湿気によるカビと、ノミやダニの影響を受けて喘息や痒みが発症してしまうでしょう。

駆除業者はそういった被害を最小限に抑える為に、ハクビシンが発見された時点で駆除依頼を受けています。24時間体制で駆除依頼を引き受け、一度依頼者の自宅へ現地調査の為に出向いてくれるでしょう。駆除業者は徹底的にハクビシンを駆除する為に行動パターンを掴む必要があります。その為、民家内でハクビシンが生息している場所、出入りしている抜け穴、被害の大きさを次々に調べていきます。ハクビシンは基本的に夜行性の為、昼間は寝ている可能性が大きいでしょう。その習性を利用して、現地調査が済み、駆除作業に入る際には昼間を狙う業者が多くいます。